ED治療について

これもかなりデリケートなお話ですが、実際に「シルデナフィル」といったED改善薬を自費で購入している方というのは、割と普通にいらっしゃいます。自費購入なので、何錠単位で購入って感じなのですが、窓口でのストレスを軽減した気持ちは分かります。副院長は男性医師なので、そこら辺の配慮はしっかりしたものにしていきます。

あまり、ネット購入で何が入っているか分からないようなものを使うくらいなら堂々(?)とクリニックで購入した方が遥かに安全と言えるでしょう。やっぱり、結局自費なら登場するのはオンライン診療システムがフィットするということです。対面診察は極限まで減らせる訳ですしね。出来れば欲しいけど、診察して何か言われるのは怖い。どうしよう。といったニーズは少なからずあるのではないでしょうか?医療者従事者としては、偽の薬をどれだけ飲んじゃったかっていうのは追跡しきれませんし、責任も負いきれない部分があります。実際この手のお薬は多いし、入手経路も豊富なだけに危険であるとは言えそうです。

オンライン診察は自費診察で高額になりがちですが、強みといえばデリケートな処方を行いやすいというメリットがあります。患者さんの負担は、スマホで診察。処方箋を郵送。クレジット決済っていう人との接触を極限まで省いたやり方で薬をきちんと購入できるということ。また、不足の事態にクリニックに受診するという担保がつくということですね。そこに価値を感じてらっしゃる方が自費でもいいから。ということになります。